スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

項羽

劉邦のライバル項羽。
性格は劉邦と正反対・・・という感じなのかな・・・
秦の皇帝の行列が近くを通った時に「こいつを倒せば・・・」と叔父に言ったという・・・
このお方は本当に
つよい!!!
一騎撃ち(1対1で勝負する事。)で負けた事がなく、
劉邦の腕自慢の有名な武将8人と戦ったことがあるがそれでもまだ余裕があったという・・・
その強さは、項羽軍3万で劉邦軍56万に勝ったという・・・
(わい水の戦い)
強い反面、残酷な所やわがままな所も多かった。
降伏してきた兵士を殺すという事も多かったし、そのせいで死を覚悟して立ち向かうという事があったので予想外の反撃もあった。
後、兵糧(食料の事ですね)の事をあまり考えず戦っていたため、いざという所に兵糧がなくなり
撤退という事があった。
後配下の意見をあまり聞かず、特に怒っている時はもう回りが何を言おうが耳も貸さず突っ走っていく
ことも多かった。
項羽にはその反面女子供には優しく、子供が代表して町の人の命を助けるために説得した所成功し、
町の人どころかそこの責任者も助かったという話がある。
子供がとても優秀な子だったというのもあったが、「もし大人が同じように説得したら失敗しただろう」
と書いてあった。
項羽は失敗を反省し、次の機会に生かすという事をしなかった。
死ぬ間際は「我々が弱くて負けたのではない、天が我を見放したのだ」といった。
死ぬ間際まで負けた理由がわからなかったという・・・

最後に劉邦に比べると書くのが難しかった。でも頑張った!

スポンサーサイト

劉邦

最初はやはりこの人を説明するべきであろう。
世界史でも登場する漢の皇帝。
乱世を収め皇帝となった人だが、最初はあんまり働かず沢山の女性を抱いて、ぶらぶらしているという遊び人だった。まあ、一応宿場の役人という職業についていたらしい。しかし、そういう所が人気があったんだろうか・・・劉邦の周りには人がいろんな人が集まって人気があったらしい。
秦という国が乱れた時、肺県に住んでいた劉邦は秦打倒の大将になり旗揚げする。
これは前から劉邦の人気を上げて秦打倒の大将にするという作戦を実行したと言う説があるが、
自分にははっきりしない。
劉邦の長所を説明すると彼は人の意見を良く聞き、過去の行いが悪い人でも能力があれば、
能力に見合う役職を与えた。
後、功績があった者は恩賞を沢山出した。これにより部下恩賞目当てで頑張って働きその能力を
存分に発揮したのである。
短所は劉邦は礼儀作法が苦手なせいか、部下に対して無礼な態度を取る事があった。
プライドが高い人はそれで敵対関係になったことがあったという。
長所短所これがすべてではないが、長所を存分に生かして秦を倒しライバル項羽を倒し
天下統一したのだという。

劉邦は勝つことより負ける事の方が多く人々は百敗将軍とあだ名された。
しかし、部下を良く使い勝つべき戦いには勝った事が天下統一した理由の一つだろうか。
自分の知識をフルにして説明しましたが、もしわからない事があれば質問下さいww

横山光輝 項羽と劉邦

いあーーー・・・
古本屋で立ち読みしましたけど・・・面白いです・・・
(以前全巻持ってました)
もう何回も読んだはずなのに面白いッス!
漫画だけど、どういう内容かわかりやすく
秦が滅亡から劉邦が天下を統一するまでが良くわかる所がいいですね・・・
この人何年か前に火事で亡くなっちゃったんだよね・・・
惜しい人を亡くした・・・

これから毎日項羽と劉邦で活躍した主な人物を何人か紹介するッス!
この勝手な企画絶対にやります!

会社で帽子着用!

ちょっと前から会社で帽子着用になりましたーーー。
帽子・・・かぶってみてわかった。
苦手だ・・・
かぶってると頭かゆいし、なんか・・・軽く締め付けられてるよう。(な気がする)
孫悟空の頭のわっかのよう。
だから仕事中に頭の帽子をとって頭かいたり、ちょっとの間かぶらなかったり・・・
まあ・・・帽子着用は絶対だから仕方ないかな。
帽子置き忘れることが時々あるから気をつけよう!

オーストラリア戦

今日はWカップ最終予選でしたね。
勝っても負けても先に影響はないが
Wカップで負けてしまったオーストラリア・・・
日本が先制したけど2点取られて逆転負けしてしまった・・・
同点になった時は「これは引き分けかなあ」と思ったがそんなに甘くなかった・・・
しかし、オーストラリアとの身長差に対してはつらいものがあるなあ。
これに対してはいかんともしがたいハンデだから・・・
なんとか身長差を克服する作戦がないものか。

今日健康福祉村に走りに行ったら1匹傷を負ったネコがいた・・・
そのネコは近づいても逃げずに座ったままだった。
頭の所みるとちょっと赤くなった傷跡が・・・
赤いのは多分血が乾いたかなんかなんだろうな・・・
その傷を見たとたんちょっと体がびくっとなったんでネコも少し驚いてた。
こんな傷を負ってかわいそうに・・・
でもネコはそんなそぶりも見せずちょこんと座ってた・・・

帰ってきたあのお方www

久々にあのお方が帰ってきましたーーーー。
あの人がプログにコメントを残してから約1ヶ月かなあ・・・・
正直に嬉しいの・・・もうプログ止めたのかなあと思ったから・・・
まあ何故約1ヶ月放置だったのかをプログ見に行きましょうかねえ。
自分も久々のプログなんですがね。
プロフィール

プリニー

Author:プリニー
プリニー界へようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
さぽているりんぐ
一覧
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。