スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

張良

漢の劉邦を支えた伝説の参謀・・・・
この人の事は三国志や日本の時代小説にも出てきまして、結構知っている人は知っていると・・・
思ふ。諸葛公明は自分はこの人と同じと例えたという・・・(まあ実際は公明の方が実力も知名度も
上ですが)
四面楚歌という4文字熟語はこの人から出た言葉ッス!


張良は韓という国の出身で韓が秦に滅ぼされた後秦の始皇帝暗殺しようとした人物。
しかし、失敗したのちに身を隠し始皇帝が死んだ後韓の国を再興しようとしたり、劉邦の参謀に
なったりした。
秦が滅んだ後に項羽が韓の王様を小さな罪で殺されたことから張良は韓の王様の仇を打とうと
胸に近い劉邦を天下人にしようと決意する。

張良は体が弱い方で前線で部隊を指揮する事はなかったが、劉邦のそばで謀(作戦)を立てることによって勝利にみちびいた。
負ける事によって弱気になる劉邦を励まし、なんとか逆転させる作戦を提案したのも張良だった。
作戦を提案するだけではなく外交(話し合いていうのかな・・・)も得意で他国を説得し味方につける事
に成功したり一時期ではあるが項羽も敵に近い関係だったが張良のいう事をほいほい聞いてしまう
こともあった。
劉邦の中で一番の功績だった張良だが、自分の故郷の留の地(今の市町村みたいな感じかな・・・)
だけをもらった。多分でああるが韓王の敵討ちの後人生をのんびりすごしたのかったかな・・・

項羽と劉邦の中で一番好きな人物だったから、もっと旨く説明したかったかな・・・
でも項羽以上に頑張った!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

わわわ・・
たくさん書いてますね!

きれいに段落も入ってるし^^

戦の時代に体が弱いっていうと, 致命的な感じも
しますが, 自分の得意な部分を生かして, 活躍したんですね.
故郷の留の地だけをもらった・・ というところが,
人柄を表してしるようですね.

四面楚歌はよく聞く四字熟語ですね.
この人が言ったのですか!



四面楚歌
プロフィール

プリニー

Author:プリニー
プリニー界へようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
さぽているりんぐ
一覧
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。