スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓信

劉邦の中で軍事面で大活躍した武将。
背水の陣、国士無双、の言葉を残した事で有名です。
この人は前に紹介した陳平のように、いや・・・それ以上に前評判が良くなかった。
人の股をくぐったり(韓信の股くぐり、として有名。)お婆さんから物乞いして食事をもらったり、
母親の葬儀にいかなかったり。
まあ、3つの内の2つは訳ありで人の股をくぐったのは「股をくぐれ!」と言われて拒否すれば
その人とトラブルになるから恥を忍んで股をくぐった訳で、母親の葬儀に行かなかったのは家が貧しく
まともな葬儀代が出せないため行かずに勉強したとあります。でもその後見晴らしの良い丘に
立派・・・とあ言えないがお墓を作ったとあります。
最初項羽の軍師氾増にその才能を見出され推薦されました。しかし、見栄えの悪さ、前評判の悪さ
がありまして項羽は対した役には就けなかった。氾増は「もし韓信を重く用いないのなら殺してしまいなされ。他国へ走られたら脅威になります。」と進言。これもまったく聞く耳を持たなかった。
氾増の次は張良がこの人に目をつけた。それはなぜかというと、張良の作戦内容が韓信には手に取るように分かっていたらしい。このことを項羽に手紙で教えるが項羽は気にしなかったという。
項羽の所から劉邦のとこに亡命した韓信、劉邦の所に仕官した。
劉邦も前評判の悪さから最初はあまりいい顔しなかったが、張良の推薦と夏候嬰(かこうえい)、
蕭何(しょうか)が「この人がいなければ天下を取る事ができません」と強く勧めるので、
韓信を全軍を指揮できる権限、元帥の職を与えて劉邦の片腕として働くのです。

韓信が有能な理由の一部・・・・
ちなみに韓信は入念に地形などを調べて作戦を練ることが基本でありました。
けして無理な戦いをせず勝算のある戦いをしていたっていう感じですかね。
後軍事訓練ではたとえ劉邦の身内であっても公平に裁判し軍事訓練は厳しく、
訓練の時は自分も一緒に参加し、寝る所も同じ所で寝たという。
そうして鍛え上げた兵士はすばやい動きでいろいろな陣形にぱっと変化できたという。
まあこれが全部と言うわけではないんですが・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

なかなか・・
一度ついてしまった, 噂, 前評判などは
やっかいなもので, いつまでも付いて回ってしまうもの
なのですね.
まぁ
それでも, 地道に懸命にやっていれば, いつかは
認められる時も来る・・

こういうことは今の時代でも十分通用するのでしょうか?
堀江モンとか作曲家のあの人とか・・
悪い噂だけじゃなくて, 本当に罪を犯してしまったら
そうは簡単には行かないでしょうね.
プロフィール

プリニー

Author:プリニー
プリニー界へようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
さぽているりんぐ
一覧
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。